三四郎 あらすじ


夏目漱石『三四郎』 Soseki Natsume - Sanshiro

2 テレビドラマ 5 脚注 6 参考文献 7 関連項目 8 外部リンク あらすじ[編集] 東大(東京帝国大学)に合格し郷里の九州から上京した23歳の小川 三四郎は生真面目な堅物。

あらすじ 世界一のプロレスラーを目指して上京して来た東三四郎は、“新東京プロレス”の入門テストを受ける。

常に一本を取りに行く柔道と、小柄な体からの切れ味鋭い技の数々、豪快な一本背負投が得意技であることから「平成の三四郎」の異名をとった。

あらすじ ある港町--。

海賊ギャングのため運輸業者は軒なみにやられていた。

この港町にフラリと現われたのが鉄腕児三四郎。

彼は丘の墓地にギャングに殺された船頭弥市の墓を訪れた。

あらすじ 熊本の高等学校を卒業した三四郎は、大学に入るため上京の途中、汽車で広田先生を知った。

東京へ着くと、すぐに大学へ行き、地下の研究室にいる野々宮を訪ねた。

あらすじ[編集] 3年間の海外武者修行を終えて帰国したプロレスラー・東三四郎は、その間に所属団体の新東プロが解散していたため引退し、ファミレスの雇われ店長として働いていた。

それから2年後。

あらすじ・解説 田舎の高等学校を卒業し、東京の大学へ進学するため上京する場面から始まる三四郎。

目次1あらすじ2主な配役3スタッフ4脚注5参考文献あらすじ[編集]柔道家を夢見る少年・三四郎の父はハワイで道場を営んでいた。

ところがある日、シカゴのやくざに父を殺されてしまう。